*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.03.14 (Sun)

【リアクション感想】バレンタインデーシナ

ホワイトデーにバレンタインデーのリアクション感想を書いてみる。

という訳で、リアクション感想は続きから。
 ・ルペルカリア祭 恋人たちにユノの祝福を
 ・ホワイトバレンタイン
 ・聖ワレンティヌスを捕まえろ

【More・・・】

最初は『ルペルカリア祭 恋人たちにユノの祝福を』
リアクションはこちら

アクションはこっぱずかしいので、墓まで持っていく。

登場シーン

 友人の結婚式に参列する風森 巽(かぜもり・たつみ)は、とても広い会場だと聞いていたので、余裕を持って早めに会場へやってきた。高校生のらしく礼服には着慣れた蒼学制服を選び、この時期の寒さをしのぐためにコートと大切な人から貰ったイニシャル入りマフラーを付けて、大聖堂の前で鐘楼を見上げていた。
「凄いな……いつか、こんな所で…………」
「あれ、風森?」
 わかりやすいぐらいに肩を跳ね上げて振り返れば、白いドレスを来た愛沢 ミサ(あいざわ・みさ)。いつのまに自分の頭から抜け出て来たのだろうと驚いていると、ミサは巽が身につけているマフラーに気付いてはにかんだ。
「それ、使ってくれてるんだね。ありがとう」
「あ、うん。あったかいし、愛沢が作ってくれた物だし……愛沢こそ、そのペンダント」
 クリスマスプレゼントに贈った指輪を身につけてくれているのが嬉しくも恥ずかしくて、巽はミサから視線を逸らして思い耽る。いつか、先程思い描いていた花嫁姿のミサに指輪をつけることは出来るだろうかと。
「風森、どうしたの? 俺の格好、そんなに変かな」
「いやっ、そんなことないよ! 凄く綺麗で、花嫁さんみたいだなって……」
 巽に言われて、ふと思い出したようにミサは自分の服装を見る。特に派手な装飾もないシンプルなワンピース風のドレスだけれど、友人の席とは言え彼女が選んだのは白。改めて考えると、不適切だったかもしれない。
「ど、どうしよう風森! 俺、着替えなきゃ。せめて、ストールだけでも交換しないと」
「島村姐さんなら、そんなことで怒るような人じゃないよ」
「でも! 白は花嫁の色なのに……あなた色に染まりますって大切な意味があったはずで」
(愛沢が我色に染ま……っ!? って、違う違う!!)
 不安そうに俯くミサの手を引いて、巽は大丈夫だと言い聞かせるように笑う。その笑顔が、安心感と共に胸を高鳴らすから、ミサは友人であるはずの巽の顔をまともに見ることが出来なかった。
「落ち着いて、愛沢。今日はドレスの試着会があるはずだから、ストールくらいなら借りられるよ。もしかしたら、ゲスト用のドレスもあるかもしれないし……ね?」
「う、うん……」
 巽に言われると、不思議とどうにかなりそうで不安が晴れていく。安心出来るのに落ち着かないこの感じは、一体なんなのだろうか。
(確か、クリスマスのときもこんな感じで……この気持ちって、やっぱり友達じゃなく、好きって事……かな)
「式まで時間もあるし、挨拶は後回しだね。行こう愛沢」
 自分の手を引いて先を歩く巽の背中が、広く頼もしく感じる。ヒールを履いている今日なら背丈もそんなに変わらないはずなのに、そう思ってしまうのは、やはり異性として意識しているからだろうか。
(い、勢いで手を繋いじゃったけど、愛沢嫌がってないかな……)
 そんな不安を巽が感じていることなどミサが気付くはずもなく、2人は互いの緊張を隠したまま、衣装を借りられる場所へ向かうのだった。


 トラブルに見回れた巽とミサも式に間に合い、白が目立たぬようにストールに生花のコサージュを付けて参列した。外に出てきた2人に祝辞を述べ、何やら仕掛けをするつもりの大和と歌菜の合図を待つ。
(俺もいつかこんな風に……って、相手がいないよね。相手が……)
 ふと幸せそうな2人を前にそんなことを考えたミサと、何の気なしにそちらを見た巽。結婚式に間に合って良かったねと言う意味をこめてにこりと微笑めば、なんだか考えを見透かされたような気持ちになって、ミサは恥ずかしさのあまり挨拶をそこそこに立ち去ってしまった。どうして彼女が戸惑っているのかわからない巽もまた、大和の合図が見えて2人から離れた。


~ただいま、中の人がごろごろしています。少々お待ち下さい~
アクションでは迷子になってしまってデート気分に浸っちゃう内容だったんですが、
衣装関係で突発イベントが発生しました。
PL側で仕込んだハプニングではなかったものの、コレはコレでほほえますぃ。
ニヨニヨしてしまいますた。
執筆して下さった浅野MSには最上級の感謝を。

個別コメントはこちら
ルペルカリア祭個別コメント
頂いた称号:『君を染めたくて』



お次はホワイトバレンタイン
リアクションはこちら

アクションはこちらもこっぱずかしいので、あの世まで持っていく。

登場シーンはこちら
いや、さすがに1ページ丸々引用はきついんです。
というか、ページ数パネェ!?
これ後の方だったら、探すのとても苦労してたと思う。

秋の紅葉狩り、クリスマスと二人で申し込んで、片方落っこちてが続いていたので
実に「デートに行こうよ」以来の二人揃っての井上MSシナリオに参加でござる。

200人と言う参加枠を設けてくださったマスター、運営様には最大限の感謝を。

デートの内容としては、ガイドにあったコンサートに。
待合せのちょっとしたすれ違いや、本音とかアクションは全部拾って頂けて、
恥かしいやら嬉しいやらで読んでいて身悶えておりました。
愛沢さん可愛いーー!

惜しむらくは、PLが音楽関係に疎く、クラシックコンサート等を一度も聞いたことが無かった事。
一度でも本物に触れてたら、もっとあの感動する所とか上手くアクション出来たんじゃないかと
思ってしまう次第です。

個別コメント頂きました
ホワイトバレンタイン個別コメント
頂いた称号:『ミサの想い人』
200人近いPLさんのアクションを纏めて、執筆された井上MSにお疲れ様と、
気にかけて頂いた事と励ましのコメントに至上の感謝を。



最後に『聖ワレンティヌスを捕まえろ』
リアクションはこちら

(酷すぎる)アクションはこんなの

▼プレイヤーの意図
聖人さまにセクシャルなお仕置きを仕掛けたい。返り討ち?それはそれで美味しい。

▼目的
ワレンティヌスに奪われたアーデルハイト様へのチョコレートを取り返す

▼動機
ふふふ、馬鹿高い運送料を支払って日本から取り寄せたロ○ズのチョコレート、何が何でも取返します

▼手段
■呼び方
メイドなので、基本的に名前に様付け、敬語。
特にエリザベート、アーデルハイトに対しては粗相のない様にする。

■心情
アーデルハイト様へのチョコレートを奪った方にはそれ相応の報いを味合わせませんとねぇ……ふふふふふ
デ校長?知りません。私はアーデルハイト様一筋ですから!

■行動
アーデルハイト様と共にワレンティヌスを追いかけます。

ワレンティヌス側に着いた生徒に囲まれたら、アーデルハイト様と【子守唄】のデュエットで眠らせてしまいましょう。

じゃた様対策には【チョコレートを表面に塗ったカレールー(激辛)】を与えて、退場してもらいましょう。
ざんすか様は……他の人に押し付ける感じで♪

ワレンティヌス様を追い詰めることができたら、アーデルハイト様にどんなお仕置きをするか相談します。
「さて、アーデルハイト様。無事に捕まえましたら、どのようなお仕置きが宜しいでしょうか?」
「私は、巫女装束を着せた上で、セクシャルなお仕置きをしたいですね。折角の黒髪ロングなのですから!」
「ストライクゾーンではありませんが、十分に守備範囲です」


今回唯一記載するアクションがこんなのとは……orz

セクハラ登場シーンはこちら

 スク水で逃げるワレンティヌスを、風森 望(かぜもり・のぞみ)が発見する。
 「アーデルハイト様へのチョコレートを奪った方には
  それ相応の報いを味合わせませんとねぇ……ふふふふふ。
  デ校長? 知りません。私はアーデルハイト様一筋ですから!
  あら、素敵なお召し物を着ていますね?」
  望は、アーデルハイトとともに、ワレンティヌスを追いつめる。
 「さて、アーデルハイト様。どのようなお仕置きが宜しいでしょうか?
  私は、巫女装束を着せた上で、セクシャルなお仕置きをしたいですね。
  折角の黒髪ロングなのですから!
  ストライクゾーンではありませんが、十分に守備範囲です。
  スク水も捨てがたいですが、この巫女装束を着ていただきましょう!」
 「お、おい、あんまりやりすぎるのは……」
 望のセクハラを身を持って経験しているアーデルハイトがドン引きして言う。
 「うわあああああああああああああん!!」
 「あっ、こら、待ってください!
  これから撮影会を開始するところなんですよ!!」
 巫女装束に着替えさせられたワレンティヌスが、望から逃亡する。


撮影会とかアクションに書いてないのに……殺人事件(前編)のネタを引っ張り出されたぞ!
しかし、どんどん望の変態振りに磨きがかかってきているなぁ。
いや、自分のアクションが原因なんですけどね。
おかしいなぁ、当初は毒舌腹黒なクールビューティにする予定だったんだけどなぁ……

 「この状況、やったもの勝ちのようですね!
  こうなったらアーデルハイト様、
  ご本人にあんなことやこんなことをしてしまいましょう!」
 望が、アーデルハイトに迫る。
 「やめんか馬鹿者―!!」
 混乱の中、アーデルハイトは望と一緒に満夜もぶっ飛ばしてしまった。
 「きゃー、お仕置きするつもりがアーデルハイト様にお仕置きされてしまいました!
  でも、これはこれで♪」
 「ちょ、なんで私までー!?」


巻き込んでしまった方、本当に申し訳ありません。
あれ?今回大ババ様にセクハラするって書いたっけ?
まぁ望みらしいから良いや!
スポンサーサイト

テーマ : 蒼空のフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

19:06  |  リアクション感想  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kazemori.blog68.fc2.com/tb.php/159-f8fa7020
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。