*All archives   *Admin

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010.12.26 (Sun)

【リアクション感想】その正義を討て

半年以上ぶりの更新です。
訪問者リスト見たら、結構来てくれてる人がいたので物凄く申し訳ないです。

という訳で、久々のリアクション感想などを。

リアクションはこちら:その正義を討て

投稿アクションと感想等は続きからどうぞ

【More・・・】


まずは投稿したアクション晒しから

▼プレイヤーの意図
台詞ばかりのアクションですいません!最後にブレイズに手を差し出して「貴公の味方だ」とか言いたいです

▼目的
ブレイズを『説得』する。まぁ、肉体言語というか拳で語る訳ですけども!

▼動機
正義の味方だから助けるんじゃない!助けたいと思ったから助ける!無論、貴公も正義の呪縛から助け出す!

▼手段
正義の味方ってのは自分で名乗るものじゃない…

正義は語るものじゃない
胸の奥に仕舞っておけばそれでいい
真っ赤に燃えていれば、その熱は言葉に…行動に宿る
それを見た人が、聞いた人がその熱を感じて…そこに正義を感じる
誰かに呼ばれて初めて!正義の味方になるんだ!
軽々しく正義を騙るんじゃねぇ!

人助けは正義の味方の義務じゃない
正義は自分の想いに、夢に背いてまで貫くものじゃない
貴公が本当にしたいのは人助けか?本当になりたいものは正義の味方か!?

我は、我の名は!
蒼い空からやって来て!誰かの夢を護る者!仮面ツァンダーソークー1!

奇しくも雷対決だ…行くぞ!ソゥクゥッ!イナヅマッ!キィィックッ!(轟雷閃)



イベントシナリオという事もあり、「こういう思いでこうする」とか書いてると
文字数が全然足りねぇ!
という事で、アクション全部を台詞で埋めるという、暴挙にでました。
間違っても、こんなの参考にするなよ!

まぁ、ブレイズを(拳で)説得するのが目的だったので、
戦闘描写よりも、その拳にどんな言葉を、どんな想いをのせるか、と考えた上での大博打です。

そんでリアクションでの描写はこちら

「……ん」
 頬を濡らす雨にブレイズが気付くと、そこはまだ地面の上だった。どうやらわずかな間、気を失っていたらしい。
 騒音に空を見上げると、ケンリュウガー達がクライム仮面と戦っているのが見えた。クライム仮面は全方位にバリアーのようなものを張り巡らせてヒーロー達を翻弄している。
 苦戦を強いられているのは明らか。
 だが、体に力はもう入らない。正義マスクも力を失ったのが分かる、それはもうただのマスクだった。

「――目が、覚めましたか」
「……」
 半身を起こしたブレイズに一人の男が語りかけた。長い黒髪を後ろで束ねた小柄な男。ブレイズの横に立ち、立ったまま上空の戦いを見上げる。
「貴公は……戦わないのですか? みんな、あんなに一生懸命に戦っているではないですか」
「もうそんな力、残ってねえよ……体力も、気力もねえ。それに……もう正義でもねえ」
「――そもそも、正義ってなんでしょう?」
「……さあ、な。分からねえ。分からなく……なっちまった」
「正義なんてね、自ら名乗るものじゃないんですよ。心の中にだけそっとしまっておけばいいんです」
「……」
「その熱が貴公を突き動かした時、誰かがそれを正義と呼ぶでしょう……それだけでいいんですよ」
「そんなもんかね。まあ、俺にゃあもうカンケーねえけどよ」
「……心が折れてしまいましたか? では、あなたにおまじないを一つ、教えてあげましょう」
「おまじない、だあ?」
「ええ。拳を目の前で、ぐっと握るんです」
「……」
 言われるまま、右の拳を握るブレイズ。
 男は続けた。
「その拳の中に、貴公が一番最初に正義を信じた、その想いを感じることができるなら――」

 その言葉を聞きながらも、ブレイズの拳には様々な想いが去来する。ヒーロー達との戦い、壊してしまった建物、道を渡すため引いた老人の手。あの夜、星空に向かって誓った拳。そしてあの夜を越えてはるか――

「――貴公はまだ、戦える」

 気付くと、ブレイズは立ち上がっていた。全ての気力と体力を使い果たし、もうそんな力は残っていないはずなのに。
 それでも、何故か立てていた。
「さあ、行きましょうか。」
「……あんたは」
 ――変身。
「仮面ツァンダー。……ソークー1。」
 黒いライダースーツと仮面の姿に変身したその男――風森 巽(かぜもり・たつみ)は、すっと手を差し出した。
「……貴公の味方だ」
 ブレイズは握った拳を開き、その手を取った。


戦闘してませぇぇん(爆)
とはいえ、言いたい事や伝えたい事ってのは、ちゃんと汲んで頂けたのは有難い限りです。

全体的な感想としては、マスコメにも書かれていましたが、
前半のコメディパートのカオス振りに、後半からのシリアス?パートの燃える展開と
ギャップがあればあるほどそれぞれが引き立って、読んでいてとても楽しいリアクションでした。

キャラ同士の絡みや掛け合いがすげー、面白い。
冬将軍と今回のリアクションのおかげで、今後は参加するのも難しくなるんじゃないかと思いますが
ガイドが出たら参加したいなと思うMSさんです。

※雑感
さてさて、今回のキーワードだった『正義』について少しばかり
まぁ、皆それぞれの正義ってのがあるので、あくまで自分にとっての正義です

アクションに書いたままになってしまいますが、正義も正義の味方も自分で語るものじゃないという事です。
正義の味方、というのは自身が正義であるのではなく、助けられている誰かから見て、
その誰かの『正義』を体現しているからこそ、『正義の味方』と呼ばれるんだ、と。

今回のブレイズがそうでしたが、人助けを続ければ正義の味方になれる訳じゃないと言う事。
ぶっちゃけて言ってしまえば、人を助けるなら、別に正義の味方でなくとも、ヒーローでなくともいい訳で。
じゃぁ、正義の味方、ヒーローに必要なものって何か?ということ。

それが何かは自分でもまだまだ判らない手探り状態なのだけども、
その一つは、まず間違いなく、ブレイズが最後にあの場面で立ち上がって、
クライム仮面に立ち向かっていったあの姿なのだと思う次第、と言った所で〆
スポンサーサイト

テーマ : 蒼空のフロンティア - ジャンル : オンラインゲーム

22:23  |  リアクション感想  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kazemori.blog68.fc2.com/tb.php/164-b51c958a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

-

管理人の承認後に表示されます
2012/11/23(金) 13:10:39 | 

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。